資産形成は必ずできる!やり方さえ間違えなければ。

8697日本取引所グループの株主優待はクオカード【いつ届く?】

8697日本取引所グループの株主優待はクオカード【いつ届く?】
  • URLをコピーしました!

高額なクオカード優待がある銘柄で何かおすすめはありませんか?

それでは証券コード8697日本取引所グループはどうだろう?

ここは保有年数により、最大4,000円のクオカードが株主優待でもらえるぞ。

この記事でわかること
  • 日本取引所グループの株主優待の詳細
  • 日本取引所グループの株主優待はいつ届くか
  • 日本取引所グループの配当について
シリウス 

ブログと投資で資産形成中。

日本株と米国株を中心に100銘柄以上保有。

ポイ活歴、ふるさと納税歴10年以上!累計寄付額100万円超。

アフィリエイトによる月収最高7桁(別サイトです)。

累計収入3,000万円以上。

リーマンショックで資金0になった私の運命を変えた資格はこの2つ。

  • AFP(FP2級)(ユーキャンの講座がわかりやすくておすすめ!
  • 簿記2級(こちらはユーキャンの書籍がおすすめ!

投資初心者へ資産形成の方法をわかりやすく解説していきます。

目次

8697日本取引所グループ株主優待制度詳細

日本取引所グループは国内唯一の証券取引所グループ。東京証券取引所、大阪取引所を傘下に持つ企業。

日本取引所グループの時価総額は約1兆894億円。

自己資本比率は0.4%です。

日本取引所グループは株主優待制度を実施していますので詳しく見てみましょう。

日本取引所グループ株主優待権利確定日

毎年3月31日現在の株主名簿に記載又は記録された100株以上の株主が対象。

権利確定日、権利落ち日、権利付き最終日については別記事にまとめてありますので参考にしてみてください。

日本取引所グループの株主優待品

日本取引所グループの株主優待品はクオカードです。

保有株式が増えてもクオカードの金額は同じです。保有年数によって変わります。

保有年数株主優待品
1年未満QUOカード 1,000円分
1年以上2年未満QUOカード 2,000円分
2年以上3年未満QUOカード 3,000円分
3年以上QUOカード 4,000円分

日本取引所グループの株主優待長期優遇制度

日本取引所グループの株主優待は保有期間によってクオカードの金額が変わります。

3年以上の保有で最大の4,000円分のクオカードがもらえます。

日本取引所グループの株主優待申し込み方法

株主優待の申し込みは不要です。自動的に送られてきます。

8697日本取引所グループの株主優待はいつ届く

日本取引所グループの株主優待の到着日について。

株主優待到着時期(贈呈時期)

日本取引所グループの株主優待は6月中旬に届きます。

2022年3月末日権利確定分到着品(2022年6月21日に到着しました。)

2022年

今回が初取得です。1年未満なので1,000円分のクオカードです。

日本取引所グループの株主優待はクオカード

8697日本取引所グループ 配当情報

日本取引所グループの過去の配当金額の推移を見てみましょう。

1株当たりの配当金額
2013.3 13.0円
2014.3 22.0円
2015.3 25.0円
2016.3 50.0円
2017.3 47.0円
2018.3 67.0円
2019.3 70.0円
2020.3 54.0円
2021.3 68.0円
2022.3 72.0円
2023.3(会社予想) 52.0円

8697日本取引所グループの株価と配当・優待・総合利回り

  • 執筆時点での株価は2061.0円(2022.6.22終値)
  • 配当利回りは2.52%(2022.6.22終値と会社予想で計算)
  • 優待利回りは0.49%(1年未満、クオカード1,000円で計算)
  • 配当と優待を合計した総合利回りは3.01%

1年未満だとクオカード1,000円分なので、総合利回りは低め。
3年以上の長期保有前提ならクオカードが4,000円まで増えるので総合利回りは4.5%に。

長期保有前提なら買っても良さそうですね。取引所ですから潰れる心配はなさそうですし。

クオカードはコンビニや本屋で使えるからほぼ現金同様。使い勝手が良い優待はうれしいね。

その他の3月権利確定株主優待銘柄

その他の株主優待クオカード銘柄

 

当サイトでは情報提供を目的とするものであり、株式の購入や売却等を勧誘するものではありません。

くれぐれも投資は自己責任でお願いします。

8697日本取引所グループの株主優待はクオカード【いつ届く?】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
証券口座を開くなら手数料が安い証券会社で取引を。
1取引の手数料5万円まで10万円まで20万円まで50万円まで100万円まで
楽天証券5599115275535
SBI証券5599115275535
マネックス証券5599115275535
auカブコム証券5599115275535
LINE証券5599115275535
ネオモバ(月の合計約定金額)220(月額)220(月額)220(月額)220(月額)1,100(月額)
300万円まで
GMOクリック証券5090100260460
松井証券
(1日の約定代金)
00001,100
証券会社の特徴まとめ
1取引の手数料外国株1株からの購入夜間取引IPOクレカ投信積立クレカ投信積立のポイント還元率
楽天証券あり(米・中など全6か国)不可楽天カード1.0%
SBI証券あり(米・中など全9か国)可(S株)IPOポイント三井住友カード1.0%
マネックス証券あり(米・中)可(ワン株)不可完全平等抽選マネックスカード1.1%
auカブコム証券あり(米)可(プチ株)不可au PAY カード1.0%
LINE証券あり(米)不可-
ネオモバ無し不可不可-
GMOクリック証券無し不可不可不可-
松井証券
(1日の約定代金)
あり(米)不可(売却は可)MATSUI SECURITIES CARD0.5%

この記事を書いた人

ブログと投資で資産形成中。

日本株と米国株を中心に100銘柄以上保有。

ポイ活歴・ふるさと納税歴10年以上

アフィリエイトによる月収最高7桁。累計収入3,000万円以上。

AFP
簿記2級

投資初心者へ資産形成の方法をわかりやすく解説していきます。
毎月1万円からしっかり稼ぎたい副業初心者向けに稼ぐ方法を伝えていきます。

目次
閉じる